今村みかんジュース

今村みかん トップ画像

 

技術力の高い生産者のみ作ることができる
幻のみかん『今村みかん』

今村みかんはコクのある濃厚な味わい深いみかんです。栽培が難しい為生産者が極めて少なく、市場での流通量が少ない「幻のみかん」と言われています。
温州みかんの中でも晩生の高糖系にあたり、福岡県久留米市から生まれた品種です。
栽培が難しい理由として、花が咲いても実になりにくく、実落ちがしやすいことがあげられます。その為、技術を持った限られた生産者が作っています。

今村みかん 作業風景

12月中に収穫し、温度・湿度を管理しながら貯蔵します。貯蔵することで酸味がまろやかになり、甘さと酸味のバランスがとれたみかんになります。
糖度は一般的な温州みかんに比べると13~14%と高く、食べるとみずみずしい果汁が口の中に広がります。
一般的にみかんは2~3月終わりかけになってくる中、今村みかんはこの時期に出荷が始まる為フレッシュで濃厚な味わいが楽しめます。
もちろんビタミンC が豊富に含まれています。

今村みかん 貯蔵

今村みかん 瓶ジュース

今村みかん ジュース

1本に20~25個の完熟みかんを使用
完熟濃縮絞り 100%ストレートジュース

今村みかんジュース

佐賀県杵島郡の江北町で生産収穫される今村みかんのみを使用。
収穫後2ヶ月間熟成貯蔵の濃厚で品の良いみかんで、上品な美味しさのジュースに仕上げます。

今村みかん 剥いたみかん

今村みかん みかん農園

温州みかんの中の、晩生(おくて)温州
貯蔵することにより甘みが増す幻のみかん

江北町産 今村みかん

甘さと酸味のバランスのとれたみかんを一つ一つ手作業で丁寧に選別し厳選した自慢の逸品です。
2~3月に出荷されます。糖度は13~14%。 口に入れるとみずみずしい果汁が広がります。

佐賀県杵島郡江北町は佐賀県の中心にあることから、佐賀のへそと呼ばれています。北側は山々が連なり、南側には平地が広がっており自然あふれるのどかな町です。天気がいい時には有明海、長崎の雲仙岳を見ることができます。みかん畑は山の斜面にあり、温暖な気候で日当たりは良好です。ですので、昔から果樹栽培に適した場所として柑橘作りが行われてきました。地元のみかんの味を多くの人に味わってもらいたいという想いから、今村みかんジュースの会でジュースを作りました。是非ご賞味ください。

 

 

さがまちおすすめ商品

さがまちおすすめ商品

ページTOP