北島の水飴

伝統菓子などに数多く使われています。

水飴

佐賀は江戸時代、佐賀鍋島藩が長崎の警固役を務めていたことから砂糖や南蛮菓子がいち早く運ばれ、菓子産業が盛んな地域です。 全国へと運ばれた長崎街道は別名『シュガー ロード』と言われ、砂糖文化が広まった地域として知られています。
飴製品はもちろん、保湿性にも優れ餡やカステラなど和・洋菓子に活用されています。
また『水飴』は、菓子原料以外にも佃煮、甘露煮、焼き肉・焼鳥等各種タレなど照りだし、つや出しとして、また煮崩れ防止としても活用されています。

 

 

 osusume-bar

さがまちおすすめ

ページTOP