トマトに熱を加えると。

2017.08.31

生のトマトの栄養素として、リコピン・クエン酸・β‐カロテン(ビタミンA)・ビタミンC・食物繊維・カリウム等があります。

最近では京都大学の研究によりトマトの13-oxo-ODAという成分が肥満予防にいいとされています。

光樹とまと

生のトマトも美味しいのですが、トマトに熱を加えたらどうなるのでしょう。

 

味は、うまみ成分のグルタミン酸が増え旨みが増します。

生のトマトを食べたら体を冷やすといわれてますが、加熱すると成分が変化し体を冷やしにくくなります。
栄養素は、リコピン等が熱に強いためほとんど変わりません。ただ、ビタミンCは熱に弱いため半分になるようです。
加熱することで、細胞膜が崩れ吸収されやすくなります。特にリコピンの吸収率は約4倍になるといわれています。

 

リコピンは、カロテノイドの一つ。抗酸化力があり、βカロテンの2倍以上、ビタミンEの約100倍だそうです。
抗酸化作用は、生活習慣病・ガン・肺疾患予防や老化防止、ダイエット効果、美容効果に期待ができます。

 

また、油に溶けやすい性質があるため油を加えるとさらに吸収力がアップします。

 

生のトマトもいいですが、他のトマトより長く樹で熟してから収穫された完熟の光樹とまとを使用した

光樹とまとソースいかがでしょうか。

色んな料理に使えますよ。ぜひご賞味ください。

 

 

◆下の画像、商品名をクリックすると購入・詳細画面に進むことができます。

 

光樹とまとソース

光樹とまとソース

光樹とまとソース2本

光樹とまとソース2本

光樹とまとソース2本&光樹とまとジュース500mlセット

光樹とまとソース
2本&光樹とまとジュース500mlセット

 

ページTOP